広告をやめられない理由

コンサルティング

その広告いつまで出し続けますか?

自社の周知や集客のために手っ取り早いのが広告掲載です。
大手サイトやリスティング、フリーペーパーや新聞折込など方法は様々ですが、上手く活用しないと費用だけがかさんでしまいます。
これまで「やりたくはないけど仕方なく載せている」「最初だから載せただけでやめる予定」といった言葉を多く聞いてきましたが、実際は一年経っても載せ続けているところがほとんどでした。
では、このような状況がなぜ起こるのか考えていこうと思います。

やめたくてもやめられない広告の仕組み

有名な媒体に掲載することは大きなメリットですが、それだけで必ず効果が出るものではありません。
よく「載せたのに全然効果がなかった」という声を聞くのは、広告の中でも競争が繰り広げられているからです。
集客に繋げるにはユーザーに選んでもらう必要があり、主に掲載順とページの内容でふるいにかけられます。
基本的に広告に掲載される店舗や企業の数は一定ではありません。
大手であればCMなどの露出に加え、全国の支店から営業をかけられるので、必然的に申込者が増えます。
そうなると競合も増え、相手の掲載プランの方が上位であればその時点で不利です。
その結果、掲載順位が下がる→ユーザーの目に留まらない→予約や問合せが減るといった負のサイクルが生じ、やめるどころか挽回するために仕方なくプランを上げてしまうのです。
ここで負のサイクルに陥りやすい要因を紹介します。

① 広告以外の集客方法がない

広告を出している間は媒体のブランド力を借りることができるので、余程でない限り見る人がゼロにはなりません。
基本的に他の方法だと最初は集客できなくて当たり前ですが、広告からの集客に頼りきっていると必要以上に失客への恐怖が膨らみます。
ホームページやSNSは結果が出るまで時間がかかるかもしれませんが、正しく運用することで安定的な集客が可能です。
広告をやめる前提であれば、後で困らないように代わりの方法を準備しておきましょう。

② リピーターが定着していない

どの業種にも言えることですが、リピートしてくれる人がいなければ、その分新規を獲得する必要があります。
しかし、これだけ選択肢の多い時代なので、お店やサービスを気に入ってもらえたとしても他に流れることは多々あります。
何かで顧客を縛るのではなく、ニーズに対して柔軟な対応ができる方が今後は安定かもしれません。

③ 広告に関する知識がない

分からないからとりあえず任せておこうというのが一番危険です。
知識がないと金額だけで判断しがちで、思うような効果が出なかった時に何の対処もできません。
今の時代、情報はいくらでも転がっていますし、実際に導入している人の声を聞くことも勉強です。
知識がないで終わらせず、何事も自分で知ろうとする姿勢から始まります。

広告や集客ツールを検討する際、まずはターゲットを想定することが重要です。
例えば、クーポン必須の媒体なら、それをメリットと考えている人が見ている可能性が高いですよね。
そこからの集客が多いと、売り上げに対してのキャパを値引き前提で考えないといけません。
また、媒体のイメージに合っておらず、魅力が伝わっていないケースもよく見かけます。
きちんと広告の特徴を把握し、打ち出したい内容が違和感なく反映できるものか見極めましょう。

いかがだったでしょうか?
次回は『しつこい営業電話の断り方』について投稿します。
お楽しみに!

経営のご相談はこちら

関連記事一覧