広告をやめられない理由

コンサルティング

その広告いつまで出し続けますか?

サービスの周知拡大や集客を増やす方法として、最も手っ取り早いのが広告掲載です。

大手ポータルサイトやリスティング広告、フリーペーパーや新聞折込など様々ありますが、上手く活用しないと費用だけがかさんでしまいます。

これまで「やりたくないけど仕方なく載せている」「最初だから載せただけでやめる予定」といった言葉を沢山聞いてきましたが、実際は一年経っても広告掲載を続けているところがほとんどです。

このような状況がなぜ起こるのか、その原因を考えていこうと思います。

広告をやめられない仕組み

有名な媒体に掲載することは大きなメリットですが、それだけで必ず効果が出るものではありません。

よく「載せたのに全然効果がなかった」という声を聞くのは、広告の中でも競争が繰り広げられているからです。

集客に繋げるにはユーザーに選んでもらう必要があり、主に掲載順と情報の内容でふるいにかけられます。

集客力の高い広告ほど大手の競合も増えるため、掲載プランを上げたとしてもなかなか先が見えません。

その結果、掲載順位が下がる→予約や問い合わせが減る→掲載順位を上げるために費用をかけるといった負のサイクルが生じ、やめたくてもやめられない状況に陥るのです。

それでは、このような負のサイクルに陥りやすい要因を紹介します。

① 広告以外の集客方法がない

広告掲載している間は、媒体の恩恵を受けることができるので、余程でない限り見る人がゼロにはなりません。

他の方法だと最初は集客できなくて当たり前ですが、広告からの集客に頼りきっていると、必要以上に失客への恐怖が膨らみます。

ホームページやSNSは、結果が出るまで時間がかかるかもしれませんが、ある程度コストを抑えながら顧客の囲い込みが可能です。

広告をやめる前提であれば、後で困らないよう第二・第三の方法を準備しておきましょう。

② リピータが定着していない

どの業種にも言えることですが、リピートしてくれる人がいなければ、その分新規を獲得しなければなりません。

しかし、これだけ選択肢の多い時代なので、お店やサービスを気に入ってもらえたとしても、他に流れることは多々あります。

③ 広告に関する知識がない

「分からないから任せておこう」というのが一番危険で、知識がないと金額だけで判断してしまい、効果が出なかった時に何の対処もできません。

ネットや同業者から参考になる情報が見つかるかもしれないので、知識がないということで片付けようとせず、実際に導入している人の声を探しましょう。

広告や集客ツールを検討する際、ターゲットと売上を想定することが重要です。

クーポンが必要な媒体であれば、それをメリットと考えている人が見ている可能性が高いため、そこからの集客と単価のバランスを考えないといけません。

また、媒体のイメージに合っておらず、魅力が伝わっていないケースもよく見かけます。

きちんと広告の特徴を把握し、打ち出したい内容が違和感なく反映できるものか見極めましょう。

関連記事一覧