ドメインの決め方

ホームページ制作

【ホームページに必須】
ドメインとは?

簡単に説明すると、ドメインはインターネット上の住所(URL)の一部で、〇〇.comや〇〇.jpといった名前を一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。ホームページの公開やメールアドレスを取得する際に必要となるので、あらかじめどういった名前にするか決めなければいけません。
業者に依頼する場合にもなんとなくやお任せではなく、ご自身で知識を持っていた方が良いと思います。

独自ドメインを取得するメリット

独自ドメインとは字のごとく自分で決められるオリジナルのドメインです。
取得するメリットとしては、

① 自社サイトとしての信頼性がある

② 専用メールアドレスが使用できる

③ サーバーを変えてもURLを引き継げる

などが挙げられます。
インターネット上に城を構えると言ったら大袈裟ですが、自分で考えた名前の入った住所と思えば愛着が湧くかもしれません。
ドメインパワーもゼロからのスタートなので、短期的に見ると最初の方は検索結果に表示されにくいですが、長い目で自社のページを継続的に育てていくなら独自ドメインの取得がベターです。

サブドメインとは?

一方、サブドメインは独自ドメインから割り振られたものであり、無料のホームページやECサイト作成ツールを利用すると、URLにサービス名などのドメイン名が含まれます。
例えば、Googleマイビジネスで作成できるページだとbusiness.site、Wixで作成するとwix.comが末尾に付きます。
メインドメインの実績によって多少の恩恵を受けられる場合もありますが、万が一サービスが終了してしまった場合、URLを引き継げなくなるので注意が必要です。
有料プランでは独自ドメインが使えるサービスもあるので、費用がかかっても極力取得されることをオススメします。

トップレベルドメインの選び方

トップレベルドメインとは.comや.jpなど、ドメインの右側部分です。
他にも選択肢がありますが、個人的には空きがあれば.comか.jp、法人の場合はco.jpに絞ります。
一般的な馴染みやすさと年間で数百円〜というコスパを考えると.comが人気ですが、既に取得されている場合も多いですね。
.jpは文字通り日本在住を表すドメインで、co.jpは法人しか取得できないため、信頼性を得られやすいというメリットがあります。
いずれのドメインも空いている場合は、響きとイメージを考慮してURLのバランスで決めています。

ドメインにハイフンはあり?なし?

これだけ企業や店舗が多いと被ってしまうのもやむを得ませんが、名前と業種や地域を区切ってハイフンを入れているURLを多く見かけます。
結論から言うと、こだわりがなければハイフンなしが無難です。
この話題に関しては以前から様々な見解がありますが、簡潔な方がユーザーに分かりやすいという部分は否定できないのと、他の文言を入れないと識別できないということは、既に同名で代表的なものがあるということにもなります。
これから屋号やサービス名を考える方は、この辺りも考慮して決めると良いでしょう。

いかがだったでしょうか?
次回は『ホームページのタイトル』について投稿します。
お楽しみに!

ホームページのご相談はこちら

関連記事一覧