ホームページ制作の料金体系

ホームページ制作

意外と知らないホームページ制作の料金

ホームページ制作を依頼する際に、やはり気になるのが料金だと思います。

実際に経営者の方とお会いすると、「ホームページは高いイメージ」「業者によって金額がバラバラ」といった声をよく聞きます。

何十年も前から存在するホームページですが、なぜ料金相場に関しては、これほど浸透していないのでしょうか?

料金が浸透していない理由

① 個別見積もりで公開されていない

以前の記事『無料ホームページと有料ホームページの違い』でも書きましたが、ホームページ制作において、最もコストがかかるのが「人件費」です。

どんなページにしたいかによって、工程に費やす時間も変わってくるため、充実したものを作ろうと思うと、どうしても費用がかかってしまいます。

オーダーメイドといえば聞こえは良いですが、その分コスト面では上限がないので注意しましょう。

② フリーランスと制作会社で相場が異なる

フリーランスは人件費が自分だけなので、少ないページであれば数万円〜依頼できる場合もあります。

個人のスキルや実績にもよりますが、5〜10ページ程度のホームページであっても20万〜30万円で依頼できるでしょう。

一方で、制作会社は各工程で関わる人数が増える分、料金相場はフリーランスより高めです。

小規模な会社であれば、30万〜50万で依頼できるところもありますが、SEOを含めた完全お任せだと、100万円を超えるところもあります。

③ ホームページ制作かシステム販売か曖昧

ホームページ制作業者には、文字通り「制作」を行っているところと、ホームページやLPと称して、CMSなどのシステムを販売しているところがあります。

※CMSに関してはこちらの記事で解説しています。→『CMSとは?』

両者の料金体系としては、以下のようなケースが多いです。

前者は「製作費を現金一括+月額サポート費」

後者は「システム購入費をローンで分割+月額サポート費」

意外と「何に対して費用を払うか?」という点を見落としがちなので、トータルコストとサポート内容に着目して、比較検討すると良いでしょう。

ホームページ制作で失敗しないために

ホームページは作ってすぐ効果が出るものではなく、継続的な運用によって検索結果に反映されていくものです。

制作に多大なコストをかけた結果、運用するための予算がなくなった…とならないために、今後の戦略を踏まえて判断しましょう。

ご自身で運用を行いたい方は、サーバーをレンタルしてWordPressで制作すれば、コストを抑えられます。

ただし、プラグインの更新やテーマファイルを編集したことによる不具合は、対応してもらえない可能性があるので、契約時にきちんと確認しておくことが大切です。

関連記事一覧