ホームページのタイトル

ホームページ制作

ホームページタイトルの決め方

検索結果に表示されて一番最初に目にするのがタイトルと説明文です。
会社名や店舗名で検索される場合は必ずクリックしてもらえますが、キーワードで検索したユーザーの場合、クリックをする or しない主な判断基準は検索順位タイトルになります。
今回はホームページのタイトルを決める際に注目すべきポイントについて解説します。

タイトルの文字数は何文字まで?

タイトルの文字数に関しては、スマホとパソコンで閲覧した場合で異なります。
まず、スマホで色々検索した結果、20文字前後で折り返されて35文字までくらいが表示されています。
なぜ「くらい」かと言うと、35文字以上はサイトによって表示されているものと続きが…になっているものがあり、はっきりとした統一性がなかったからです。
また、パソコンの検索結果だと、30文字が表示のボーダーラインでした。
両方で確実に表示させたい場合は、30文字に収まるタイトルにしましょう。

キーワード優先か表現優先か

タイトルを決める際は、自身が何者であるかひと目で分かることが重要です。
限られた文字数の中で伝えようとすると、” 〇〇(エリア)で■■(事業内容や困りごと)なら〜 ” のようになってしまいがちですが、端的に伝えるという意味では決して間違いではありません。
基本的には外せないキーワードを決めた上で文章表現を考えましょう。
デメリットとしては他と差別化がしにくい点ですが、そこで工夫できるのがキーワードを含めた表現方法とバーティカルバーの活用です。

表現方法の工夫

自身のページを例に上記に当てはめると、” 姫路でホームページ制作・Webコンサルティングならscyan ” となりますが、屋号名の読みが分からないと思うので、scyan(シアン)を付けます。
この時点で35文字です。
Webコンサルティングというキーワード自体は検索ボリュームが大きくないのと、コンサルティング・コンサルタント業が分かれば良いので、Webコンサルに省略します。
” 姫路でホームページ制作・Webコンサルならscyan(シアン)”
これでタイトルの大枠はできました。

バーティカルバーの活用

キーボードの¥マークを見てもらうと、同じキーに縦棒|があると思います。
バーティカルバーと言って、これを入れるとタイトルが区切られてスタイリッシュになります。
ここでよく議論されるのが、全角|か半角の前後にスペース | のどちらが良いかということです。
SEO的にも半角派が多いのかなという印象は受けますが、半角だと配置した時に他の文字より中心が下がって見えるんですよね。
Yahoo!だと全角|が強制的に半角になってしまうという情報をよく見かけますが、実際に検索して確認すると表示は全角のままでした。
いずれにしても、個人的にはこの微妙なズレが耐えられないので全角派です(笑)

以上を踏まえて、最後に「姫路で」→「姫路の」に調整して完成したのが、
” 姫路のホームページ制作・Webコンサル|scyan(シアン)”
これで30文字になりました。

いかがだったでしょうか?
次回は『メタディスクリプションのまとめ方』について投稿します。
お楽しみに!

ホームページのご相談はこちら

関連記事一覧