WordPressプラグインの選び方

ホームページ制作

WordPressにおけるプラグインの役割

WordPressの特徴の一つとして挙げられるのが、プラグインをインストールすることによって様々な機能を追加できることです。

セキュリティ対策やサイトマップ生成、ページの高速化、問い合わせフォーム設置など、これらの機能を簡単に拡張できるトッピング的な役割を果たします。つまり、自分の好みや目的に合わせてWordPressをカスタマイズできるということですね!

しかし、便利だからといってたくさん入れた方が良い訳ではありません。プラグインにも相性があって、組み合わせによっては何らかの不具合が生じたり、うまく機能しなかったりするといったデメリットもあります。

今回の記事ではこれまでプラグインを試して分かったことや、WordPressを運用する上で使い勝手の良かったものを紹介します。

プラグイン導入のメリット

プラグインを導入する一番のメリットは機能の拡張に時間がかからない点です。インストールから有効化までが簡単で、その後の設定も検索すると情報がたくさん出ているため、初心者の方でもマニュアル通りに進めれば決して難しくありません。

無料で機能面が優秀なものも多く、無効化や削除も自分で行えるので、最初の頃は色々試しながら取捨選択するのがおすすめです。

プラグインなしで同様の機能を再現しようとするとそれなりの知識が必要になってくるので、ホームページ制作のハードルをグッと下げてくれるツールとして非常に助かりますね。

プラグイン導入のデメリット

ここまで聞くと便利な印象がありますが、プラグインを導入するデメリットもいくつかあります。

  1. プラグインの数が多いとWordPressが重くなる
  2. プラグイン同士や使用テーマの相性によって不具合が起こる場合がある
  3. セキュリティの穴が増えてしまう可能性がある

1.は初心者に起こりがちで、「WordPressおすすめプラグイン○選」「最低限このプラグインは入れよう!」といった情報を鵜呑みにして、その通りに全部入れてしまうと、サイト自体が重くなり、表示速度にも影響が出てしまいます。

高速化のプラグインを入れたのに重くなってしまった…とならないよう、自分にとって必要な機能のみ取り入れることが大切です。

2.は私も経験しており、当時は勉強を始めて間もなく、かなり冷や汗をかいたことを覚えています。その時は「W3 Total Cache」というキャッシュを処理してくれるプラグインをインストールしたのですが、その後突然サイトの画面が真っ白になってしまいました。

調べてみると同様のエラー事例があったので助かりましたが、ファイルや書き加えられたコードを削除するのに時間がかかり、そもそもアクセスの少ない段階で導入することに疑問を抱いたため、最終的にアンインストールしました。

3.はWordPress本体と別にプラグインの脆弱性を狙った攻撃によるものです。プラグインの数が多いほど標的になる確率も上がるので、機能とのバランスを考えて取捨選択しましょう。

バージョンが古いまま更新されていないものや、ほとんど使っていないプラグインは削除した方が良いかもしれません。

個人的に役立ったプラグイン

あまり多く取り上げても機能の説明にしかならないので、ここでは自分でWordPressを運営する際に入れてみて良かったプラグインを紹介します。かなり絞っていますが、他の機能や対策に関してはプラグインを使わず地道にやっても良いかなと思います。

① SiteGuard WP Plugin

SiteGuard WP PluginはWordPressの管理画面やログインにおける外部からの攻撃や侵入を防ぐ、セキュリティに特化したプラグインです。

ログインページの変更や画像認証などの設定も簡単に行えるので、Webサイトの改ざんを防ぐためにも入れておいて損はありません。変更後のログインURLはブックマークするなり自分で分かるようにしておきましょう。

② Google XML Sitemaps

GoogleではクローラーというロボットがWebサイトを巡回しており、認識してもらった内容が検索エンジンに反映されるため、変更内容をいち早く知らせる必要があります。

サイトマップを毎回編集して都度アップロードするのは面倒ですが、Google XML Sitemapsはサイトマップの自動生成と通知を行なってくれるので、手間だけでなく検索結果の反映にかかる時間を短縮できます。

③ Contact Form 7

質問内容や自動返信メッセージをカスタマイズできる問い合わせフォーム設置用プラグインです。

HTMLの知識は少し必要ですが、テンプレートでテキスト・メールアドレス・チェックボックス・送信ボタンなどの編集ができるため、デフォルトでもそれなりの見た目になります。CSSで装飾もできるので、問い合わせフォームの設置が必要なWebサイトにはおすすめです。

注意すべきプラグイン

他にもSEO対策に対応したプラグイン「All in One SEO Pack」や、表示速度を改善するプラグインもよく紹介されていますが、個人的にはあまりおすすめしません。

特に最近の有料テーマだと機能面で重複する点も多く、重くなってしまう点や他のプラグインと干渉する可能性を考えると、そこまで必要性を感じませんでした。

キャッシュ系のプラグインは高速化のメリットはありますが、不具合が起こった時に大変なので、ある程度の知識があって自己解決できる方向けです。

関連記事一覧