ホームページ制作の選択肢

ホームページ制作

この記事は「ホームページを自分で制作するか、プロに依頼するか迷っている人向け」の内容です。

自分で作るにしても無料ツールの使用や有料テンプレートの購入など、どれを選べばいいのか分からない人も多いのではないでしょうか?

今はノーコードでホームページを構築できる時代ですから、自分で作りたい方へのレクチャーやテンプレートのカスタマイズなど、制作側も柔軟な対応が求められているように感じます。

個人的にはいろいろな選択肢があっていいと思うので、それぞれの特徴を知って自分に合った方法を見つけましょう。

ホームページ制作の背景

先ほども触れましたが、ホームページは知識と制作環境があれば、お金をかけなくても自分で作れる時代です。

それにも関わらず、何十万・何百万と決して安くない費用をかけて制作会社に依頼するのはなぜでしょうか?

  • 制作に関する知識がないから
  • ゼロから学ぶのは大変だから
  • プロに頼んだ方が安心だから

どれも依頼する理由としてよく耳にしますが、費用を大きくかけたからといって効果が出やすいとは限りません。

ホームページ制作の費用に関してはデザインや機能面もありますが、コストの大半を人件費が占めており、制作会社とフリーランスで金額に開きがあるのはそのためです。

ホームページ制作の種類

現在は無料のものから有料でカスタマイズできるものまで、多くのホームページ制作ツールが提供されています。

有料プランにすると機能を拡張できたり、レイアウトを選択できたりするため、機能性や外観において無料のものと差別化できるのがメリットです。

どちらも業者に依頼するよりはコストが抑えられるので、勉強が苦にならない方はご自身で制作にチャレンジするのもいいかもしれません。

ホームページ制作の選択肢を大きく分けると、以下の3パターンになります。

  1. 無料でホームページを自作
  2. 有料でホームページを自作
  3. 制作会社やフリーランスに依頼

どの方法もメリット・デメリットがあり、下にいくにつれて費用もかかってきます。それぞれ詳しく見ていきましょう。

無料でホームページを自作

世界的にも利用者の多いWordPressをはじめ、WixやJimdoなど、多くの無料ホームページ制作ツールが存在しています。

HTMLやCSSの知識がなくてもページが作成できますが、独自ドメインの使用やレイアウトが制限されることも多く、機能を拡張するには有料プランでないと制限される印象です。

ホームページを自作した女性

見た目において「とりあえず作った感」は否めませんが、文章と画像さえ用意すれば、無料でホームページを開設できるという手軽さが魅力と言えるでしょう。

レイアウトにこだわりがなかったり、載せたい情報が少なかったりする場合は、まずは無料ツールから始めてみてもいいかもしれません。

有料でホームページを自作

有料になると独自ドメイン・問い合わせフォーム・予約システムとの連携など、より多くの機能が追加されます。

WordPressでは多くの有料テーマが販売されており、マニュアルに沿って画像と文章を入れていくだけでも形になります。

ただし、同じテーマを使用したホームページは外観が似てしまいがちなため、HTMLやCSSでカスタマイズしながら独自のページに仕上げていくことが必要です。

なるべく自分の手で制作したい人向けの方法ですが、専門的な内容になるとつまずきやすいので、Google検索で事例を参考にしながら進めるようにしましょう。

制作会社やフリーランスに依頼

ホームページに独自性やクオリティを求めるなら、やはり制作会社やフリーランスといったプロへ依頼した方が安心です。

自作では技術的に難しかった部分も実装してもらえるので、学習にかかる時間と労力の削減にも繋がります。

その一方で、制作費やサポート体制などにバラつきがあるため、どこに頼むべきかわからないという悩みも出てくるかもしれません。

詳しくは『ホームページ制作会社の選び方』で解説しているので、気になる方はそちらを参考にしてみてください。

選択肢の特徴まとめ

無料でホームページを自作:文章と画像を用意すれば手軽に制作できるが、レイアウトや機能が制限されやすい

有料でホームページを自作:レイアウトや機能の幅が広がるが、目的に合ったテンプレート選びと差別化が必要

制作会社やフリーランスに依頼:自作では難しかった部分も形にできるが、制作費やサポート内容にバラつきがある

自作にしても依頼するにしても、一番は見た人がどう感じるかですから、定期的にホームページを見直すことは必要ですね!

関連記事一覧