CMSとは?

ホームページ制作

この記事は「CMSの導入を検討している人向け」の内容です。

言葉の意味についてというよりは、導入時のメリット・デメリットを中心に解説しています。

ちなみにホームページ関連の営業はCMSであることが多いので、あらかじめ正しい知識を持っておいて損はありません。

CMSの概要

ホームページ制作に関連して、CMS(コンテンツ・マネジメント・システム)というものがあります。

馴染みのない方からすると「何それ?」と思われるかもしれませんが、簡単に言うとWebサイトの編集が直感的に行えるシステムです。

代表的なものだとWordPress(ワードプレス)がありますが、自社開発のシステムを販売しているところもありますね。

今回はCMSの特徴と導入する際の注意点についてお話します。

CMSの特徴

① 直感的に操作や編集ができる

ホームページやランディングページなど、Webサイトを作る際に必要となってくるのが、HTMLやCSSなどのマークアップ言語です。

オンラインで学べるツールもありますが、独学だと挫折するケースも多く、思い通りに自作することが難しいといった声も聞きます。

CMSはブロックごとに画像やテキストを配置すると構築できるため、レイアウトの装飾はCSSを調べて適用するなど、効率的に編集を進めることが可能です。

② システムを一元管理できる

CMSはページを生成するという役割だけでなく、マーケティングツールとしての機能も備えていることが多いです。

SEO対策からデータ管理までこなすものもあり、システムを一元化することでコスト削減に繋がる場合も。

また、一つの管理画面で必要な情報が確認できるので、上級者でなくても運用がしやすいといったメリットがあります。

導入する際の注意点

① 最低限の知識と運用者が必要

簡単に使えると勧められて導入した結果、ほとんど使いこなせなかったり、効果が出なかったりということもあります。

自社にWeb担当者がいないところも多く、メリットだけを鵜呑みにして導入するケースがあるのも事実です。

CMSを導入する際はご自身で運用するか、継続的に運用できる担当者を用意しましょう。

② 無料ツールとの比較

CMSを導入する場合、どれくらいのスキルがあれば良いのでしょうか?

まずはWordPressやJimdoなど、無料または少額で利用できるツールを試してみましょう。

一つの目安ですが、これらを試して難しいと感じるなら、他のCMSを活用することは難しいかもしれません。

反対にもっとこうしたいと感じれば、より機能が充実したCMSも視野に入ってきます。

WordPressがおすすめな理由

WordPress(ワードプレス)は全Webサイトの4割で使用されており、テーマによってデザインに優れたホームページを構築できるCMSです。

ブログを書くようなイメージで直感的に操作できるため編集がしやすく、WordPressでホームページを作ってほしいというお客様も年々増えています。

関連記事もネット上で数多く書かれており、操作方法やカスタマイズで困った時は検索すると情報が出てくるのもメリットです。

完成後もホームページを自分で触りたいという方は、選択肢の一つとして検討されてみてはいかがでしょうか。

関連記事一覧