CMSとは?

ホームページ制作

CMSの概要

ホームページ制作に関連して、ちらほら出てくるCMS(コンテンツ・マネジメント・システム)というワード。
馴染みのない方からすると「何それ?難しそう」と思われるかもしれませんが、ざっくり言うとWebサイトの編集や更新が比較的簡単に(人によって感じ方は異なる)行えるシステムです。
代表的なものだとWordPress(ワードプレス)がありますが、自社開発のシステムを販売しているところもありますね。
今回はCMSの特徴と導入する際の注意点についてお話します。

CMSの特徴

直感的に操作や編集ができる

ホームページやランディングページを作る際に必要となってくるのが、HTMLやCSSなどのマークアップ言語です。
今ではオンラインで学べるツールもありますが、独学だと挫折するケースも多く、思い通りに作ることが難しいといった声も聞きます。
CMSであればブロックごとに組み立てる感覚でベースを構築できるため、レイアウトや装飾はネットでCSSを調べて適用するなど、効率的に編集を進めることが可能です。

マーケティングツールとして一元管理できる

CMSはページを生成するという役割だけでなく、マーケティングツールとしても進化しています。
SEO対策から顧客データ管理まで幅広くこなすものもあり、システムを一元化することでコスト削減に繋がる場合もあります。
また、一つの管理画面で必要な情報が確認できるので、上級者でなくても運用がしやすいといったメリットがあります。

導入する際の注意点

最低限の知識と運用者が必要

営業から簡単に使えると勧められて導入したが、実際使えなかった・効果が出なかったということもよくあります。
これはある程度知識があれば簡単かもしれませんが、実際、自社で仕組みを持っていないところも多く、メリットだけを鵜呑みにして導入するケースがあるのも事実です。
導入する際は、必ずご自身で運用する or 継続的に運用できる担当者を用意しましょう。

無料ツールとの比較

導入するにあたって、どれくらいのスキルがあれば良いのか?
WordPressやJimdoなど、無料または少額で運用できるツールを試さない手はありません。
一つの目安ですが、これらを試して難しいと感じるなら、他のCMSを活用することは難しいと考えた方が良いでしょう。
反対にもっとこうしたいといった要望が出るようであれば、有料のCMSも視野に入ってきます。

いかがだったでしょうか?
次回は『ホームページは独学で作れる?』について投稿します。
お楽しみに!

ホームページのご相談はこちら

関連記事一覧