人材育成に必要なこと

コンサルティング

活躍できる人材に育てるには

どんな組織も優秀な人材を確保したいのは当たり前ですが、基本的には雇用してみないと分かりません。

実績にしてもスキルにしても、異なる環境で過去のものが発揮できるとは限らないので、自社でいかにして育てられるかが、活躍できるか否かのポイントになります。

人材育成のポイント6選

相手のことを思って熱心に教育することは大事ですが、人が途中で辞めてしまっては元も子もありません。

新しく入った人材を定着させるには、モチベーションの維持が不可欠です。

ここでは、人材育成する際に重視すべきポイントを6つ挙げました。

① ビジョンをイメージさせる

最初は指示するだけで従ってくれると思いますが、そのうち「自分は何のためにこの仕事をやっているんだろう?」と、疑問を持ち始める人もいます。

この状態を放置すると離職に繋がるので、何かを教える際は「根拠を明確に伝えること」を意識しましょう。

今の仕事や役割が、本人の今後にどう結び付くのかイメージさせることが重要です。

② 二人以上で教える

社内の環境によっては厳しい場合もあるかもしれませんが、一人だけに任せてしまうと、人間的に合わなかった時にただ耐えるしかありません。

二人以上で担当すれば、片方だめでも相談できる選択肢が増えるのと、教える側も第三者から見られるため、指導に関して改善すべき点が明確になります。

③ いきなり結果を求めない

「自分の意見は結果を出してから言え!」というのは正論なのですが、まだ何も分かっていない新人には少々酷な言葉です。

甘やかすのも良くないですが、結果を出させるのも上司の役目なので、上手くレールを敷いてあげられるかどうかにかかっています。

自分の頃はこうだったと、昔の自慢話をするのは逆効果なので、心当たりのある方は今すぐやめましょう。

④ 指導者が手本を示す

意外かもしれませんが、教えている内容を自分はやろうとしない人もいます。

特に他力本願で自分の評価を上げたいと考える人や、そもそも実力が伴っていないのに教えたがる人に多いです。

このような姿勢でいると「口だけの人」のレッテルを貼られてしまいますが、自ら率先して手本を見せる姿勢だと、教えられる側も受け入れやすくなります。

⑤ 上司が責任を取る

失敗を責めるのは簡単ですが、本人が責任を取らされるのでは、会社や組織である必要がありません。

失敗させてしまったのは自分の責任だと捉え、指導不足・監督不足にも原因があると考えることが重要です。

「自分を守ってくれた」という信頼がモチベーションに繋がることもあるため、誰もが思う存分チャレンジできる環境を作ってあげましょう。

⑥ 成功体験をさせる

人が成長するには、何かしらの成功体験が必要です。

自分の働きが上司やお客様に褒められると、モチベーションが上がり、徐々に自信もついてきます。

反対に下積みや雑用ばかりで、経験を積む場を与えなければ、最終的にほとんどの人が残りません。

積極的に実践する機会を与えて、成功や失敗を繰り返すことが大きく成長に影響します。

上記のポイントを意識しつつ、相手に対して愛を持って指導できるかも重要ですね!

関連記事一覧