メタディスクリプションのまとめ方

ホームページ制作

メタディスクリプションを設定しましょう!

meta description(メタディスクリプション)は、検索結果でタイトルの下に表示される説明文のことで、検索した人に「このページはこんな内容ですよ」と伝える項目になります。

scyanのホームページだと、赤枠の部分がメタディスクリプションになります。

scyanのメタディスクリプション

設定していなくてもページ内容の一部が表示されますが、クリックしてもらえるかどうかを左右する施策となるため、ページごとに効果的な説明文を設定することが重要です。

文字数より内容を重視する

前回の記事『ホームページのタイトル』で、PCとスマホで表示される文字数が異なると書きましたが、メタディスクリプションも同様に、PCはおよそ120文字以内、スマホは50〜70文字以内となっています。

タイトルと比べて表示される文字数が多いので、あまり収めようとこだわる必要はありませんが、伝えたい内容やキーワードは文章の前半に書くようにしましょう。

Hタグ(見出し)から抜粋する

どうやってまとめたら良いか分からない場合、ページの見出しを参考にするとイメージしやすくなるかもしれません。

この記事を例に挙げると、「メタディスクリプションを設定しましょう!」→「文字数より内容を重視する」→「Hタグ(見出し)から抜粋する」→「説明文が思い付かない時の解決策」の見出しで構成されています。

このように見出しを並べてみると、「メタディスクリプションを設定する際のポイントと解決策」についての内容だと分かるので、まずはページの全体像を把握することから始めましょう。

説明文がまとまらない時の解決策

私の場合だと、タイトルを決める時もですが、文字数カウントのテキストボックスで、書いたり削ったりしています。

常にフレーズが見えている状態でイメージがしやすく、その都度文字数のチェックもできて一石二鳥です。

また、同じキーワードでGoogle検索して、上位表示されている競合サイトの説明文を見てみましょう。

キーワードの配置や魅力的なフレーズが分かるだけでなく、自分で考えたものと比較ができるのでおすすめです。

関連記事一覧