メタディスクリプションのまとめ方

ホームページ制作

メタディスクリプションを設定しましょう!

meta description(メタディスクリプション)は検索結果でタイトルの下に表示される説明文のことで、検索した人に「このページはこんな内容ですよ〜」と教えてくれるページの概要になります。
設定していなくても自動的に内容の一部が表示されるので、一見やらなくても良いように思えますが、タイトルと同じく見てもらえるかどうかを左右する施策となるため、ページごとに効果的な説明文を書くことが重要です。

文字数より内容重視で

タイトルに関して前回の記事『ホームページのタイトル』でパソコンとスマホで表示される文字数が異なると書きましたが、メタディスクリプションでも同様でパソコンはおよそ120文字以内、スマホは50〜70文字以内となっています。
タイトルと比べて表示される文字数が多いので、あまり収めようとこだわる必要はありませんが、確実に伝えたい内容やキーワードは文章の前半に書くようにしましょう。

Hタグ(見出し)から抜粋する

どうやってまとめたら良いか分からない場合、ページの見出しを参考にするとイメージしやすくなるかもしれません。
今私が書いている記事を例に挙げると、「メタディスクリプションのまとめ方」→「メタディスクリプションで悩まないためには」→「文字数より内容重視で」→「Hタグ(見出し)から抜粋する」の4つの見出しから構成されています。
このようにページの見出しを並べてみると、「メタディスクリプションをまとめる際は文字数より内容重視?」のようにフレーズが思い浮かんだりするので、あとはこれらを組み合わせて自分の言葉で表現しましょう。

考えがまとまらない時は…

私の場合、タイトルを決める時もですが、文字数カウントのテキストボックスに入力しながら書いたり削ったりしています。
常にフレーズが見えている状態でイメージがしやすいのと、その都度文字数をチェックできて一石二鳥です。
また、同じキーワードで実際に検索して、上位表示されているサイトの説明文を見てみましょう。
表示のされ方や途切れ方が分かりますし、客観的に自分の文章と比較ができます。

いかがだったでしょうか?
次回は『HTMLの勉強法』について投稿します。
お楽しみに!

ホームページのご相談はこちら

関連記事一覧