ホームページは独学で作れる?

ホームページ制作

ホームページ制作を独学で始めた理由

私は元々マーケティングツールの営業出身で、導入したお客様から商品の問合せや、質問を受けることが多々ありました。

しかし、現場の要望をメーカーに問合せても、「仕様なので変更できない」と言われることがほとんどで、結局システムの根幹に関わる部分は変更したくてもできません。

いずれ自分で作ったものを提供した方が、痒い所に手が届くと思ったのと、制作もできればより提案の幅が広がると思い、ホームページの勉強を始めました。

独学でのホームページ制作に必要なこと

独学というと聞こえは良いかもしれませんが、当時ネットで調べると「大半の人が挫折する」といった情報を目にしました。

教えてくれる人が身近にいないというのもありますが、単純に適正があるかないかも一つの要因かなと思います。

そこそこの好奇心があり、勉強が嫌いではないレベルでないとおそらく続きません。

ここでは、独学でホームページ制作を始める際の心構えとして、継続するために必要なことをお伝えします。

① 学習の目的や興味

学校のように誰かが教えてくれる環境だと都度質問できますが、本や学習ツールだとなかなか先に進めないということもあります。

ちなみに私は、「オンラインの学習ツール+分からない時はGoogle検索」から始めました。

ここで一つ失敗したのが、知識を増やそうとして、覚えることに時間を費やしてしまったことです。

コードを書いてデモサイトを作っていくのですが、段々とカリキュラムを進めることに達成感を覚え、いつの間にか応用の効かない丸暗記になってしまいました。

HTMLやCSSの記述をテストされる訳ではないので、コードをただ覚えるというよりは、構造や仕組みを理解する方に力を注ぎましょう。

最初はテンプレートが用意されているツールで完成形をイメージしつつ、装飾のコードを調べる→書いてみる→反映させるの繰り返しがおすすめです。

独学は誰でもつまずきがちなので、学習を継続する目的や、面白そうといった興味の有無によって左右されると思います。

「こういうサービスを作りたい!」とか「スキルを身に付けたい!」とか、きっかけはどんなことでも構いません。

② いきなり完璧を求めない

誰しも当然ですが、最初は思い通りのものなど作れません。

デザインがなんかパッとしないとか、自分で作ったものであるにも関わらず不満だらけです。

スキルが追いついていない時期なので葛藤はありますが、実践を繰り返せば自分のイメージを形にできるようになっていきます。

一週間考えてもできなかったことが、たった一つの情報で急速に進むこともあるので、スキルが追い付くまで焦らず、気持ちを保つことが大切です。

③ 自分のペースで続ける

働いている人であれば、仕事の時間と別で勉強時間を確保しければなりません。

だからこそ目的や興味が大切なのですが、やってるうちに段々と嫌になることもありますよね。

私は特訓のようにストイックにやるのではなく、気持ちにゆとりを持って進めた方が、学習を断念せずに済むと考えています。

考えても答えが出ない時は出ないので、そういう日は一度頭をリセットして、別のタイミングで答えを探しましょう。

「分からんものは分からん!」と開き直るくらいの方が気が楽です。

これをやらないと次に進めないという方法は極力避けて、自分の理解できるところを進めた方が、結果的に学習の継続に繋がります。

関連記事一覧